財団からのお知らせ

夏休み特別企画「やまぐち段ボールラビリンス」の実施について

段ボールを使った可変可能な迷路(ラビリンス)を中央公園に設置します。参加した子どもたちがコースを考え、ルート変更するなどし、子どもたちが関わりながら遊び方を変化させていきます。多くの子どもたちに遊びと学びの場(公園)を提供します。

【期間】2020年8月1日(土)~8月16日(日)のうち14日間
(※火曜日休み:8/4、8/11)

【運営時間】11:00~17:00(最終受付16:45)

【場所】中央公園(山口ケーブルビジョン側)

【対象者】どなたでも参加可能

【入場料】無料

【「段ボールラビリンス」詳細】
・1メートルグリッドで杭を打ち、杭の頭をロープでつなげます。そのロープに段ボールをかけて壁を作ることで迷路を作成します。
・その日の運営開始前に子どもたちがコースを考え、段ボールを掛け替えることで、ルートは日々変化します。
・「段ボールラビリンス」のサイズは、30m×20mの約600㎡です。

【新型コロナウイルス感染症対策】
・屋外で開催するとともに、空間に対する人口密度を考慮した人数制限を設けることで「3密」とならないよう配慮します。
・スタート前に入口で体温チェックを行います。
・消毒液を設置します。

【熱中症対策】
・迷路上に巨大テントを設置します。

【主催】山口市、(公財)山口市文化振興財団
【実施協力】やまぐちイベントソリューションズ協同組合Yamaguchi Event Solutions[YES]

イメージ図